初めてでも注文住宅は難しくない!よくある疑問を解決してから計画を立てよう!

注文住宅はどこまで自由にできるのか?

独自設計の家を新築する場合には、施主が作成したスケッチなどを参考にすることがよくあります。
しかし施主が建物の外観と間取りにこだわっても、建築基準などの法令上の問題から希望を完全に満たすことが難しいのも事実です。
注文住宅を建てるときに建築士と十分に打ち合わせると、施主の要望を最大限に反映した住まいにすることが可能です。
特に重厚な鉄骨や鉄筋コンクリートを使った注文住宅は、木造の場合よりも設計の自由度が高いのが魅力です。
また重量鉄骨を使った住宅は耐用年数が長く、修繕を丁寧に行うと60年以上住み続けられます。
一方で和のテイストの家を建てたい人たちは、木材を使った住宅に興味を示しています。
高度な技術を持つ大工がいる施工会社を活用すると、耐震性に優れた純和風住宅を建築することも容易です。
長年にわたって神社仏閣や公共施設に建築に携わってきた会社は、とりわけ重厚な注文住宅建築に強いです。
地盤強化の工事を前もって実施すると、住まいの設計の自由度は高くなります。

注文住宅には必ずと言っていいほど法律の制約がある

今から注文住宅の建築をしたいと考えている家族は多いはずですが、注文住宅の魅力と言えばやはり制限なしに建築できることかもしれません。
建て売り住宅の比較した場合でも、最初から設計図があるわけではありません。
建築会社によっては、ある程度設計の図面などを用意しており、そこに当事者が書き加えるような形になるかもしれませんが、一般的なイメージとしては建築会社と話し合い顧客の要望をなるべく考えていきます。
これにより、顧客が満足できる住宅建築ができるかもしれません。
これに対して、注文住宅には全く制限がないわけではなく法律の制限があることを頭に入れておきたいところです。
具体的な制約内容は様々ですが、例えば建築基準法による決まりがあります。
道路に面している住宅であっても、3階建ての住宅を建築するときには一部だけ建物の面積を削らなければいけないことがあります。
これを理解するためには、何のためにわざわざ削るのかを知っておいた方が良いかもしれません。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅のよくある疑問

当サイトは初めてでも注文住宅は難しくない、よくある疑問を解決してから計画を立てようというテーマで家づくりに関する情報をご紹介しています。注文に応じて造られる住宅はどこまで自由にできるのか、という多くの人に持たれる疑問にもお答えしています。さらに、注文建築の住宅のコンセプトを決めてから探す不動産会社についても解説しているサイトです。コンセプトに合った家づくりが可能となる会社を見つけるために役立つ可能性があります。

Search